梅雨の彩り

今年の梅雨は、雨の日以外もすっきりと晴れることが少なく、梅雨らしい梅雨のような気がします(今日は晴れていましたが)。 はっきりしない空の下、今年は庭のアジサイ(墨田の花火)がきれいに咲いてくれています(6月15日撮影)。 上から見るとこんな感じ 横からアップで アジサイの隣にはハンゲショウ 白化した葉っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワタスゲとズミ

戦場ヶ原のワタスゲも見ごろでした。(6月4日に行きました。) ちょっと暗いですね。 実は、千手ヶ浜のクリンソウを見た後、西の湖まで足をのばし、その後はひたすら歩いて赤沼まで戻る道を選んだため、戦場ヶ原までたどり着いたのは4時半近くなってしまいました。なので、ワタスゲは西からの夕方の光を浴びているのです。 地元の人は今年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千手ヶ浜のクリンソウ

千手ヶ浜でクリンソウ、戦場ヶ原ではズミとワタスゲ、どれも見ごろですよとの情報を得て、6月4日、日帰りで歩き抜けてきました。 クリンソウは見ごろでした 上から見るとこんな感じ 綺麗な輪ですねぇ。 花茎を中心に円形に咲くこの花が、咲き始めは1段で、それが徐々に上に伸びて2段目3段目の花が咲くことから、五重塔などの上に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒメツルソバに近寄って、、、

ちょっとおもしろい小道具を使って、ヒメツルソバのマクロ写真を撮ってみました。 もっとアップで アルペンブルーはどうかな 一重のドクダミ 八重のドクダミ これを使ったのでした。 100均で買った、スマホのレンズ部分を挟んで使用するクリップ状のマクロレンズです。あまりにもアップなので、ちょっと手が揺れると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄へ行ってきました - 4

5月が終わらないうちに、沖縄旅行記も完結しようと思います。 最終日、まだ子供たちが行動を開始する前、ホテルを7時に出発して夫と二人で万座毛に行ってきました。宿泊していたホテルが恩納村だったので、車で15分ぐらいの距離です。 夜明けまで雨風が大きな音を立てていたので、波が荒れ狂っている万座毛を見たいと思ったのです。ガイドブック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄へ行ってきました - 3

またまた4月22日~25日に行った沖縄の続きです。 年寄りはこれが最初で最後かもしれない沖縄、せめて首里城だけは見に行こうと、3日目に娘一家と別行動で車で観光地巡りに行ってきました。(ツアーにはレンタカーが付いていました) 守礼の門 修学旅行生と外国人観光客がひっきりなしに通るので、これは帰りがけに人が少ない瞬間に撮っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄へ行ってきました - 2

4月22~25日に行った沖縄旅行の続きです。 美ら海水族館からほど近い、古宇利島まで足をのばしました。 古宇利島に向かう、古宇利大橋を渡ります。 丘の上の方に見えるのが、島にある古宇利タワーですが、子供を惹きつける情報を与えることができず、そこまではいけませんでした。 島に渡るとすぐにビーチがあります。 今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄へ行ってきました

4月22~25日、娘一家とともに沖縄へ旅行してきました。 と言っても、子供たちはまだ小さく観光地巡りなど付き合ってくれるはずもなく、大半をホテルの前の海と屋外プール、室内プールで過ごしたんだけどね。これなら伊豆当たりのホテルでもよかったのでは、なんて言いながらも、子供たちが楽しそうに遊ぶ様子を見るのはうれしいものです。 喜ん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四季の森の桜

もう1カ月近く立ってしまいましたが、3月29日に行った県立四季の森公園に行った時の様子です。 今年は桜が早く、もう桜が満開になっていました。 上の写真は南口広場から展望台に向かって撮ったものです。 案内板を見たら、道路を隔てた向こう側に「さくらの谷」があるようなので向かいます。 あちこちでお花見をしているグループ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三代校舎ふれあいの里とわに塚の桜

4月6日に行った山梨でのお花見の続きです。 眞原の桜並木を後にして、須玉町下津金にある「三代校舎ふれあいの里」に向かいました。明治・大正・昭和の校舎が並んで建っています。 明治校舎は「津金高等小学校」として建てられ、現在は歴史資料館になっています。 明治の建物は古い洋館風で、レトロな趣があります。ぼろぼろになって取り壊されよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

眞原の桜並木

山高神代桜を見た後で、車で10分ぐらいの眞原(さねはら)の桜並木を見に行きました。(4月6日) 約750メートルの間に200本の桜の桜並木、下を車で走ることができます。途中に駐車場があったので、車を停めて周囲を歩きました。 桜並木と交差する道を歩くと、しだれ桜もたくさん植えられています。 足元に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山高神代桜

満開との情報を得て、4月6日に山高神代桜を見に行ってきました。 山高神代桜は山梨県北杜市武川町の実相寺の境内にあり、福島県の三春の滝桜、岐阜県の根尾の薄墨桜とともに、日本の三大桜と言われています。 実相寺の本堂。この左後方に回ると、神代桜があります。 推定樹齢1,800年とも2,000年とも言われるエドヒガンザクラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春うらら

桜の季節があっという間に通り抜けて行きました。今年の春は駆け足ですね。 またまた2ヶ月も間をあけてしまいましたが、春の温もりとともに動き始めましたよ。 とりあえず、撮りためていた花の写真をまとめてみました。 白花のクリスマスローズ(3月6日) 八重のクリスマスローズも(3月6日) 紫のクリスマスローズ(3月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大きな毛玉?

庭のロウバイが、ずいぶん長い間芳香を放っていましたが、そろそろ終わりです。 真ん中に去年の実が1個残っていました。 華やかさに欠ける和ロウバイですが、香りは楽しめます。 今年の冬は寒いです。横浜でも20センチぐらい積もる雪が降りました。 霜柱も 夫が、梅の木に何だか変な毛玉があるぞと、、、。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あけましておめでとうございます

もう6日になってしまいましたが、あけましておめでとうございます。 本年が、みなさまにとって笑顔あふれる穏やかな年になりますように 相変わらずの招き猫たちに、今年の干支のわんこも加わりました。鏡餅は完全に硬くなる前を乗せてしまったため、みかん(一才ゆず)が傾いちゃいましたが。 うらら カンアヤメ ヒメツルソバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西国観音札所めぐり ー 4

だいぶ前になってしまいましたが、10月26~27日に巡った西国の観音霊場の続きです。 27日の朝一番で訪れたのは、第4番 槇尾山施福寺(天台宗、本尊:十一面千手千眼観音菩薩)。大阪府和泉市、最寄駅は南海高野線の和泉中央駅。西国の中では1・2位を争う難所です。槇尾山のふもとの駐車場に車を置いて、そこから山頂にある本堂までは約40分、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京見物 その2

12月1日に行った、東京見物の続きです。日比谷公園にやってきました。 冬にはつららが下がった映像がニュースになる、鶴の噴水 盛りをちょっとすぎたけど、紅葉もまだまだきれい 落ちた銀杏の葉が松の葉に絡まって 林の奥には松本楼。学生運動の火炎瓶によって燃えてしまった古い記憶。。。 ここでランチにすればよかっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京見物

横浜の山奥から、久しぶりに東京に出かけてきました。 まずは東京駅で下車、三菱一号館まで。。。 1894(明治27)年、英国人建築家ジョサイア・コンドルによって設計され、当初は銀行や貸事務所として使われていました。1968(昭和43)年に老朽化のために解体されましたが、コンドルの設計が忠実に再現され、2010(平成22)年春に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西国観音札所めぐり ー 3

10月26~27日に巡った西国の観音霊場の続きです。 26番一乗寺、25番清水寺を巡った後、別格番外の花山院菩提寺に参ります。 西国三十三ヵ所霊場巡礼が一時期衰退していたころ、三十三観音すべてにご詠歌をお読みになり、再興したのが花山法皇でした。その花山法皇が美しい風景に感銘を受け、対の住処と定めて仏道修行を行った地に、その菩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はらっぱ遊び ふたたび

娘の家では、ソヨゴの赤い実がなっていました。 次男くんが熱いいコーヒーをこぼして火傷をしてしまい、ヘルプコールで子守りをしに行きました。ちょっと火傷の範囲が広くて保育園に行けなかったのです。 本人はとても元気だったので、お兄ちゃんともども公園に遊びに行きました。 この公園は前ははらっぱで何も遊具がなかったのですが、少し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more