花々と私の好きなもの

アクセスカウンタ

zoom RSS 西国観音札所めぐり ー 4

<<   作成日時 : 2017/12/20 17:57   >>

ナイス ブログ気持玉 48 / トラックバック 0 / コメント 0

だいぶ前になってしまいましたが、10月26〜27日に巡った西国の観音霊場の続きです。

27日の朝一番で訪れたのは、第4番 槇尾山施福寺(天台宗、本尊:十一面千手千眼観音菩薩)。大阪府和泉市、最寄駅は南海高野線の和泉中央駅。西国の中では1・2位を争う難所です。槇尾山のふもとの駐車場に車を置いて、そこから山頂にある本堂までは約40分、ゆっくり写真を撮りながら登ったので1時間かかったかもしれません。

イヌタデかな?
画像

エンゴサクのような花
画像

かなり勾配のきつい山道です。
画像

山門を通って、参道を登ります。
画像

ヒヨドリバナかな
画像

ウバユリの実
画像

階段も急だし
画像

左に見えているお堂は、空海が剃髪したとされる愛染堂です。

山頂に到着しました。道しるべが立っています。
画像 画像

左に行くと粉河寺(西国第3番)へは6里、高野山(かうやさん)へは7里と書いてあります。右に行くと藤井寺へは7里、堺へは6里、大阪へは9里ですね。

本堂は、豊臣秀吉の寄進により建立されたそうです。山火事によって焼失したため、現在の建物は江戸時代以降の再建です。
画像

気さくな大阪弁の住職さんとしばらくおしゃべり。地元のおなじみさんも登ってきて、のんびりとした空気が流れていました。

ご本尊の十一面千手千眼観音菩薩。撮影禁止にはなっていませんでした。
画像

頂上にはコウヤボウキも咲いていました。
画像

アキノキリンソウかな
画像

ホトトギスも咲き残っていました。
画像

なんとも無防備な猫がいました。背中の向こうは崖!落ちるよぉ!!
画像

このお山の飼い猫かな。とてもきれいだし、なんと言っても無防備だし。。。首輪もしてるしね。
画像

下り道でも花を撮りながら、、、。

見上げるような大きな木だったけど、花はお茶の花です。
画像

茶摘み用に剪定しなければ、お茶の木も大きくなるということかな。

石の間を流れるせせらぎ
画像

画像

ゲンノショウコかな。関東では白花しか見たことがありません。
画像


ふもとまで下りると、弁財天の境内には満願の滝があります。
画像

朝8時半から10時半まで、たっぷり2時間をかけたお参り。朝の山の空気と山頂のお堂でのお参りによって、すっかり浄化されたような、さわやかな疲れでした。

この後は、「右へ7里」の藤井寺へ。

正確には第5番 紫雲山 葛井寺(真言宗御室派、本尊:十一面千手千眼観世音菩薩)
画像

最寄駅は近鉄南大阪線藤井寺駅。にぎやかな商店街を抜けると突然お寺という立地で、第4番の施福寺とは全く環境が違います。

商店街の塩昆布屋さんでは、東京育ちの私は塩昆布の使い方がよくわからないというと、おーっと驚かれ、あれやこれや丁寧に説明してくれました。そこで紹介していただいたお隣のうどん屋さんで昼食。

うどん屋さん(正確には夜はスナック、昼間はうどん屋)には、黒猫の親子がいました。
画像

よーく見ると、上の四角い窓の中に目が二つ光っているのが、親猫なんだって。

「大阪の人はぐいぐい来るから苦手」と勝手に作っていた先入観が、塩昆布屋さんとうどん屋さんでの楽しいおしゃべりでガラガラとくずれました。大阪の人、楽しいです。大好きになりましたよ。

藤井寺のマンホール
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 48
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい
西国観音札所めぐり ー 4 花々と私の好きなもの/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる