花々と私の好きなもの

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京見物

<<   作成日時 : 2017/12/02 21:39   >>

ナイス ブログ気持玉 38 / トラックバック 0 / コメント 0

横浜の山奥から、久しぶりに東京に出かけてきました。

まずは東京駅で下車、三菱一号館まで。。。
画像

1894(明治27)年、英国人建築家ジョサイア・コンドルによって設計され、当初は銀行や貸事務所として使われていました。1968(昭和43)年に老朽化のために解体されましたが、コンドルの設計が忠実に再現され、2010(平成22)年春に三菱一号館美術館として生まれ変わったものです。

銀行のカウンターが再現されているCAFE1894では、いつもは友人とランチしていたのですが、同じ雰囲気を夫にもと、、、。しかし、11時オープンのカフェは11時半には20人超の待ち行列が。。。残念ながら断念です。

上の写真は美術館裏のブリックスクウェアから撮ったものです。手前にあるのは十月桜。かなり花開いています。

ブリックスクエアには、クリスマスツリー風オブジェがありました。コロンコロン。。。。
画像

さて、ここから東京見物開始。次は建つ明治生命館です。
画像

かつてはここにもジョサイア・コンドル設計の建物があり、三菱二号館と呼ばれていました。現在の建物は1934年(昭和9年)3月に竣工されたもので、戦後はGHQに接収され、アメリカ極東空軍司令部(FEAF)として使用されたり、米・英・中・ソの4カ国代表による対日理事会(ACJ)の会場として使用されたり、、、。歴史の荒波を乗り越えてきた重みがあります。写真はちょっと斜めってるけどね。

夫が皇居に行ったことがないと言うので、そのまま二重橋へ
画像

私は、ずーっとこの石橋を二重橋だと思っていました。調べてみたら、この石橋の奥にある正門鉄橋という、鉄製の橋が、その橋桁が二重構造だったことから二重橋と言われたそうです。鉄橋と石橋を総称して二重橋と言われることもあるそうですが、厳密には鉄橋のことを指すそうです。
画像

画像

皇居前広場にはカラーコーンが置かれ、何やら物々しい雰囲気だと思ったら、今日からの乾通りの通り抜けの準備だったのですね。まぬけな夫婦はそんなことを知らずに前日にふらふらと見学していました。でも、混んでなくてよかったよぉ。

桜田門の方角に歩いていきます。

ありましたよぉ、杉下右京さんがいる警視庁。よくテレビで見る建物です。
画像

ここで、ニコンのミラーレスが、鏡筒を回すと電源が切れてしまうという、以前リコール対象となった不調です。

桜田門。突然画像が暗くぼやけますが、ここからは、スマホによる撮影になります。
画像

手前の高麗門と奥の櫓門との二重構造の門です。この門外で井伊直助が水戸藩脱藩士に暗殺されたのが桜田門外の変ですね。

地下鉄桜田門駅を過ぎると、法務省の重厚な建物が見えてきます。
画像

関東大震災でもビクともしなかった建物は、1945年の東京大空襲でレンガ以外の部分が焼け落ちたそうです。
画像

その後大改修が行われ、1994年に創建当時の姿に復原されたそうです。
画像

法務省を通り過ぎると官庁街。改めて歩いてみると、一つ一つの省庁が大きな敷地の中に建てられ、ううん、日本の中枢なんだなぁと実感します。霞ヶ関駅方向に歩き、左に曲がると日比谷公園です。

〜続きます〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 38
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
東京見物 花々と私の好きなもの/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる