花々と私の好きなもの

アクセスカウンタ

zoom RSS 春の高山祭−夜へ

<<   作成日時 : 2016/04/28 20:43   >>

ナイス ブログ気持玉 61 / トラックバック 0 / コメント 0

お昼は甚五郎らーめんという、高山ラーメン。昔懐かしい味でした。

午後からはご巡幸がありました。
画像

神輿を中心に獅子、闘鶏楽、裃姿の警護など、装束をまとった総勢数百名が町を練り歩きます(高山祭資料より)。

日枝神社から出たお神輿は、14日にはお旅所で1泊。翌日午後に家々を巡ってから神社へ帰るのだそうです。

さて、日枝神社へ行く道に、からくり奉納をした3つの屋台以外の全屋台が勢ぞろいしています。
画像

崑高台(こんこうたい)の後ろ姿。見事なタペストリーは「見送り幕」と言います。

五台山(ごたいさん)の正面
画像

五台山の見送り幕
画像

鳳凰台(ほうおうたい)の正面。屋根についている鳳凰が見事です。
画像

鳳凰台の見送り幕
画像

青龍台(せいりゅうたい)
画像

大国台(だいこくたい)。上から大国さまが見下ろしています。
画像

恵比寿台(えびすたい)の見送り幕。唐人の酒宴を描いているのだそうです。
画像

琴高台(きんこうたい)
画像

「琴高、赤鯉に座し来る」という故事に由来しているとのこと。側面に張られた鯉の刺繍が見事でした。
画像

これで全部ではないのですが。。。

歩くうちに日枝神社に到着しました。
画像

本殿にお参りをします。
画像

暗くなるまでコーヒーを飲んだり、わらび餅を食べたり、車でひと休みしたり。。。

屋台では飾り金具を提灯に付け替えて準備が進んでいました。

そして暗くなると、夜祭りの屋台が出発します。
画像

これは麒麟台(きりんたい)。日枝神社の祭り幟の間から町に出ていきます。

途中から神楽台(かぐらたい)が合流して先頭に立ちます。
画像

直径118センチの大太鼓。屋台囃子の楽人も一緒に乗って練り歩きます。生演奏ですね。

からくり奉納をした屋台がそれに続きます。
画像

龍神台では、龍神さまが荒れ狂いながら紙吹雪をまいていました。大きな屋台が曲がり角を曲がると、観客から拍手が沸き起こります。

ちょっとぼけてしまいましたが、石橋台(しゃっきょうたい)の扇笠の美女も。。。
画像

そして、三番叟には子供たちも同乗していました。
画像

朝のからくり奉納から夜祭りまで、高山を満喫しました。

15日は白川郷と五箇山を訪れる予定なので、このまま白川郷に移動して車中泊です。道の駅の近くに白川郷の湯というのがあったので、温泉に入ってからね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 61
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
春の高山祭−夜へ 花々と私の好きなもの/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる